化粧品輸入代行をしよう|海外製品をラクラク入手

代行業者が行う事

ウーマン

輸入の流れ

海外メーカーの化粧品を国内で販売する為には薬事申請や商品の適合調査をクリアする必要があります。失敗しない化粧品輸入の方法として化粧品輸入代行業者を活用する方法があります。手順はまず化粧品輸入代行業者に薬事申請に必要な情報を渡す事から始まります。輸入しようとしている商品の成分表・国内販売時の商品名称・製品サンプルが必要です。生産工場の名称と海外の輸入者名称、住所も薬事申請には必要です。その後、化粧品輸入代行業者はこの情報をもとにして国内の化粧品基準に適合しているか否かをチェックします。化粧品には様々な配合成分があるので外部試験機関を通じて検査されますが、その結果は表として発行されます。また、検査と併行して法的届出手続きも行われます。こちらもオーナーではなく化粧品輸入代行業者が行います。さらに都道府県に製造販売届を、厚生労働省に外国製造販売業者届をだし認可を得たら輸入準備完了となります。これら一連の流れは、化粧品輸入代行業者に依頼してから大方10日前後で完了します。輸入できる状態になると次に必要なのが輸入方法です。この方法はいくつかあり、希望の方法を化粧品輸入代行業者と選べます。業者から輸入コストについてアドバイスもらえるので、オーナーの希望する形を選択できます。化粧品輸入代行業者に依頼すると輸入だけでなくコスト削減についての助言や、商品デザインについても助言を受ける事ができます。広告や表示も適法か否かチェックする必要があるからです。輸入代行業者ですが輸入から販売サポートまで、国内で安全に安心して販売できる様にサポートしてくれます。